好きな人

煙草が染み付いたこの部屋で
時をすぎて

あなたは居ないけれど次の夜を待っている

無責任でイライラする
あなたに求めてばかり

あのベンチで 二人
あたたかい陽に照らされて
私は確かに言ったよね?
「これから怖いものはない」

逢いたい
淋しい
苦しい
ごめんね

どれほど困らせたかな
二人は今たった一つで生きているよ

*櫻木*