天使の歌声。

歌っていても、苦しくて、

歌っている意味を見失いそう。

でも、歌を唄う。

それは、誰に否定されても、やめない。

*

私が君を守るから

ずっとずっと、隣に居てネ

愛しい寝顔を撫でてあげる

君は そうさ 私のカケラ

*

雨に打たれて 心も亡くして

夜に彷徨ってた

私と君は似た者同士さ

だから 愛している

*

君をこの腕に抱きしめて

眠る 夜にいつしか風は

暖かい春を 連れてきて

こんな風に優しくさせる

*

私が君を守るから

愛は目には見えないけど

ちゃんと在るよ 心の中に

*

だから

私が君を守るから

ずっとずっと、隣に居てネ

愛しい寝顔を撫でてあげる

君は そうさ 私のカケラ

*櫻木*